研究活動

共同研究

基幹研究

  • 鉄心斎文庫伊勢物語資料の基礎的研究
    研究代表者:小林 健二(当館教授)  研究期間:平成28年度〜30年度
  • アーカイブズと地域持続に関する研究
    研究代表者:渡辺 浩一(当館教授)  研究期間:平成28年度〜30年度
  • 日本語の歴史的典籍データベースの検索に関する総合的研究
    研究代表者:寺島 恒世(当館教授)  研究期間:平成27年度〜29年度

特定研究

  • 万葉集伝本の書写形態の総合的研究  
    研究代表者:田中 大士(日本女子大学教授)  研究期間:平成26年度〜28年度
  • 中世古今集注釈書の総合的研究―「毘沙門堂本古今注」を中心に―  【公募 共同研究(一般)】
    研究代表者:山本 登朗(関西大学教授)  研究期間:平成26年度〜28年度
  • 日本の近世における中国漢詩文の受容―三体詩・古文真宝の出版を中心に―  【公募 共同研究(一般)】
    研究代表者:高橋 智(慶應義塾大学教授)  研究期間:平成26年度〜28年度
  • 短冊手鑑の内容と成立に関する研究  【公募 共同研究(一般)】
    研究代表者:中村 健太郎(帝京大学短期大学助教)  研究期間:平成26年度〜28年度
  • ベトナム社会科学院所蔵旧フランス極東学院資料についての研究  【公募 共同研究(一般)】
    研究代表者:和田 敦彦(早稲田大学教授)  研究期間:平成27年度〜29年度
  • 生巧館制作による木口木版の研究‐国文学研究資料館所蔵品を中心に  【公募 共同研究(一般)】
    研究代表者:石井 香絵(早稲田大学助手)  研究期間:平成27年度〜28年度
  • 『和漢朗詠集』の伝本と本文享受の研究  【公募 共同研究(若手)】
    研究代表者:惠阪 友紀子(京都精華大学特任講師)  研究期間:平成27年度〜28年度
  • 山鹿素行関連文献の基礎的研究  【公募 共同研究(若手)】
    研究代表者:中嶋 英介(蘭州大学外籍教師)  研究期間:平成28年度〜29年度
  • 読書―人・モノ・時空―  【公募 共同研究(課題)】
    研究代表者:桜井 宏徳(成蹊大学非常勤講師)  研究期間:平成26年度〜28年度

  • (個別課題)
    *近世における『栄花物語』読書の研究―注釈と受容を中心として―
    *中古私家集を読む―歌人・言葉は時空を超えていかにつながっているのか―
    *霊元天皇の古典書写と読書―禁裏本の蔵書群から―
    *読書行為としての「書入れ」の研究―契沖を軸に―
    *日本書紀はどのようによまれてきたか――講書・竟宴和歌・古写本から現代まで
    *近世における『日本書紀』講書の研究―大山為起『味酒講記』をめぐって―
  • 怪力乱神の文学 ―怪異・神秘・混乱―  【公募 共同研究(課題)】
    研究代表者:太田 真理(フェリス女学院大学非常勤講師)  研究期間:平成27年度〜29年度

  • (個別課題)
    *『万葉集』にみる「怪力乱神」―古代の「をとめ」を視座として―
    *中世説話絵画における異形の視覚化―逸脱するものの「語り」をめぐって
    *朝倉氏の御霊化と鎮魂の文学―伝承・伝説の中に息づく朝倉文化―
    *狐と怪力乱神 近世演劇における怪異・神秘・混乱の探究

日本関係在外資料の調査研究

これまでに実施した共同研究

研究活動TOPへ戻る 

↑ ページの先頭へ