図書館

資料の撮影、翻刻、掲載

資料の撮影

直接複写することができず、またフィルム化されていない資料(史料・和古書・明治期資料)はカメラ等で撮影することができます(*)。来館時に「資料撮影申込書」に記入して申し込んでください。撮影台2台は先着順です。
大量(撮影時間がおよそ2時間以上)の撮影を希望される場合は、必ず事前に電話等で予約してください。

* 出版物等への写真掲載を目的とする場合の資料の撮影については、事前に掲載の許可申請手続きが必要です。資料の撮影は掲載の許可後にお申し込みください。

* カメラ付き携帯電話やスマートフォンでの撮影は認めておりません。フィルムカメラ、デジタルカメラ等撮影専用機器をご用意ください。

資料の翻刻・掲載

オープンデータ

当館がインターネットで公開している画像データのうち、原資料の所蔵先が当館のものについては、クリエイティブ・コモンズ表示4.0ライセンスの条件で提供しております。資料掲載規程の対象外となりますので、翻刻・掲載にあたっての許可申請手続き・掲載料金は不要です。

当館所蔵の一部の和古書につきましては、「日本古典籍データセット」として提供していますので、そちらをご利用ください。

【オープンデータご利用にあたってのお願い】

  • 上記データを利用して作成された成果物には当館所蔵であることを適宜の方法で表示してください。
  • 上記データを利用して作成された成果物を1部または1セット当館までご寄贈ください。(※義務を課すものではありません)

オープンデータ以外

上記以外の方法(複写物、撮影画像、他の出版物からの転載等)により入手した当館所蔵資料を出版物等に写真掲載・翻刻掲載する場合は、事前に許可申請手続きが必要です。(*1)(*2)(*3)
下記の申込書に必要事項を記入し、情報サービス第2係掲載担当宛にお申し込みください。
手続きに時間がかかりますので、出版物発行・テレビ放映等の予定時期より3〜4週間前までにお申し込みください。

写真掲載 …
資料掲載許可申込書  (pdf記入例
翻刻掲載 …
翻刻掲載許可申込書

「人間文化研究機構国文学研究資料館資料掲載規程」に基づき、掲載料金をお支払いいただきます。(pdf 料金表

ただし、利用目的によって料金が免除される場合があります。
(例)
学術研究用途であり、研究者から免除願が提出された場合。(pdf 資料掲載料金免除願
文部科学省検定教科書で使用する場合。

(*1)寄託資料を写真掲載・翻刻掲載する場合は、原本所蔵者の許諾書を添えてお申し込みください。
(*2)翻刻掲載において、資料の部分掲載の場合は申請不要です。
(*3)他館が所蔵している資料の掲載・翻刻には、原本所蔵館の許諾が必要です。許可申請の手続きにつきましては、原本所蔵館へお問い合わせください。

図書館TOPへ戻る 

↑ ページの先頭へ