催し物

シンポジウム「江戸の「表現」−浮世絵・文学・芸能−」終了

日時:平成24年11月3日(土・祝)13:30〜17:00
場所:国文学研究資料館 2階 大会議室
聴講無料、定員120名 ※応募者多数の場合は先着順とさせていただきます。

伊藤善(湘北短期大学准教授)「多色摺の源流−中国詩箋と林羅山−」
佐藤恵里(高知県立大学教授)「風流の表現−近世名古屋の事例を中心に−」
浅野秀剛(大和文華館館長)「役者見立絵−発生から定着まで−」
原 道生(明治大学名誉教授)「近世芸能の表現−身体表現としての〈芸〉−」

申込方法:
ハガキまたはFAXで、郵便番号、住所、連絡先の電話番号、氏名(フリガナ)をご記入のうえ、下記の申し込み先までお送りください。

申込み先:
〒190−0014 東京都立川市緑町10−3 国文学研究資料館 「江戸の「表現」シンポジウム」係宛
FAX番号 042−526−8604

締め切り:

平成24年9月28日(金)※消印有効
※追加で募集を行っております。定員に達し次第、締め切りとさせていただきます。
受講をしていただく方には受講票をお送りします。


問い合わせ先:
TEL.050−5533−2900(代表) FAX.042−526−8604 

シンポジウム・研究集会TOPへ戻る 

↑ ページの先頭へ