現在の登録データ件数 書誌約37,670件、画像約4,170件

近代書誌データベース は、国文学研究資料館が全国の調査員とともに行っている、明治以降の文献資料調査によって得られた書誌情報を提供するデータベースです。

近代画像データベースは、国文学研究資料館がデジタル収集した明治以降の文献の全文画像データベースです。文献ごとに詳細な目次をつけています。

※検索画面が文字化けする場合は、ブラウザのエンコードを「自動選択」または「Unicode(UTF-8)」に変更してください。

近代書誌・近代画像データベースで検索した書誌について、関連広告が明治期出版広告データベースにある場合は、詳細画面の冒頭に「 広告情報あり」のリンクが表示されます。

現在の登録データ件数 約65,800件

近代日本の出版事情を探ることを目的として、明治初期の新聞・雑誌等に掲載された出版物の広告を集成したものです。主に対象としたのは東京日日新聞(明治5年2月創刊)で、明治23年末までの約65,800件の広告を収めています。新たに、出版月評(明治20年8月創刊)の採録も開始しました。

本データベースコンテンツの一部は、平成18~21、24年度日本学術振興会科学研究費補助金(研究成果公開促進費)「明治前期出版広告データベース」を受けて作成しています。

明治期出版広告データベースで検索した広告について、関連書誌が近代書誌・画像データベースにある場合は、「書誌・所在情報あり」のリンクが表示されます。

データベースの利用について

近代書誌データベース、近代画像データベース、明治期出版広告データベースの各データベースの著作権は、国文学研究資料館にあります。研究論文等で参照される際は、当該データベースによる旨を明記してください。